読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

大宮戦

大宮が1人少なくなった時、友達と“なんかいやな予感がする、ねっ”と言いあったが、スタジアム内には勝つだろうという願望も含んだ、退場までの緊張感ある空気が変化したちょっと安堵のような雰囲気があったように感じた。

1人少なくなった大宮はセオリーどおりの戦術で、選手もわかっていただろうにやられてしまった。

1失点目といいしょうもない失点ばかり続き、新井場さんがこれでは優勝出来ないと言うのは当然だ。

試合後グラウンドに倒れた大宮の選手の姿は第1節で新潟の攻撃力に耐えたセレッソの選手と同じ。

勝っていても最終節までしんどいのを続けることが出来ないと、きっと何も得られないんだろうな。

試合結果
セレッソ 1:2 大宮